お問い合わせ TEL 0566-81-2171 メールはこちら

学校紹介

学習環境

少人数制なので質問しやすい

実習授業は1クラス15〜20名程の少人数で授業を実施。
メイン講師と助手講師の先生2名体制で、各実習テーブルを巡りながら指導を行います。
そのため一人ひとりに目が行き届き、実習中も先生からマンツーマンで教えてもらうことができます。

プロと同じ設備で学べる

実習室は、大型オーブンをはじめ業界最新鋭の設備機器を完備した、プロ仕様の本格的な厨房。手元の大型液晶モニターで教授陣のデモンストレーションを確認しながら実習が可能です。

南蛮窯バッケン密閉性に優れた、コンピューター内蔵の南蛮窯バッケン。
実習室洋菓子づくりに最適なプロ仕様の設備が完備された実習室。衛生面に配慮したドライフロアを採用。
大画面モニター実習室の大画面モニターで先生の手元を確実にキャッチ。

講義室全室プロジェクト用スクリーン完備。視覚的な学習も可能な講義室。
実習室和菓子・パンづくりに最適なプロ仕様の設備を完備した実習室。

校内ショップ『プチパティスリー・オランジュ』

校内ショップで実践的な学習

実習で作ったスイーツを校内ショップ「プチパティスリー・オランジュ」にて販売することで、店舗運営について学習します。企画から商品開発・材料発注・製造・ラッピング・ディスプレイ・接客・計数管理まですべて自分たちで行うため、普段の授業とはひと味ちがう実践的な学びの場に。お店の一連の流れを学べるため、単なる技術や知識だけでなく、創造力やコーディネート力、ビジネス感覚が養われます。

現場の最前線で活躍中の一流のプロに学べる

一流のプロから学ぶことができるのが、中部製菓の特別授業。 1年次に習得した基礎技術をベースに、2年次では応用技術の習得と向上を目指します。 技術も知識も兼ね備えた先生方が集結しています。

テクニカルセミナー

世界大会で最優秀賞受賞経験のある鍋田幸宏先生の特別授業です。世界トップレベルのパティシエから、普段の授業とは一味違う洋菓子作りや、素材の面白さ・奥深さなどを学びます。

スペシャリティーセミナー

月替わりで製菓業界の最前線で活躍されている洋菓子店オーナーやホテルパティシエから学べる特別授業です。一流の技術を目の前で見て学ぶとともに、製菓業界で活躍するための心構えや製菓業界の今についての話などを聞くこともできます。

技術を磨き 刺激を受けるコンテスト

日本最大級の洋菓子コンテストである「ジャパンケーキショー」、東海3県合同で行われる「中部洋菓子技術コンテスト」、学校内で行われる「CFCテクニカルコンテスト」など、実力を試すチャンスがたくさんあります。

中部洋菓子技術コンテスト大会

シュガークラフト工芸菓子部門 5年連続受賞!

愛知、岐阜、三重の3県洋菓子協会による中部地区最大のコンテストで、年に一度行われます。シュガークラフトは製作した作品を持ち込む形式、マジパンは持ち込む形式と当日会場内で製作する競技形式があります。

CFCテクニカルコンテスト

マジパンで校内コンテストに挑戦!

製菓技術の向上と日頃の学習の成果の発表として、年に1度、校内マジパンコンテストを実施しています。学年別に競技形式で行い、優秀な作品について各学年1位~3位までを表彰します。1年次にこのコンテストとシュガークラフトの特別授業を経験し、2年次の外部コンテスト(中部洋菓子技術コンテスト・ジャパンケーキショー等)への挑戦意欲をかきたてています。

ページの先頭へ/>

資料請求 オープンキャンパス